Pick Up Item

THE WALKING SOCIETY
Issue Nº12 - Corsica

THE WALKING SOCIETY<br>Issue Nº12 - Corsica


カルチャー的アプローチのブランドキャンペーン「The Walking Society」第 12 号を公開
今回は、地中海に浮かぶ山岳地帯の島、
フランスの南、イタリアの西に位置するコルシカ島をフィーチャーしました。

「The Walking Society」とは2001 年に雑誌“マガログ”として創刊された“The Walking Society”は、
カンペールの故郷であるスペイン・マヨルカ島をテーマに始まりました。
地中海のさまざまな地域を対象としたオリジナルのシリーズは、
2005 年に一旦終了するまで、4 年間で 8 回の発行が行われました。
2020 年より再創刊され、マヨルカ、シチリア、キプロスなど地中海を象徴する都市を舞台に、
風景写真や言葉を通してその文化・社会・コミュニティーを、
マガジン以外でも広告や店内ヴィジュアル、ショッピングバッグなどを通して伝えてきました。
本キャンペーンは「シューズ」というモノの提供だけでなく、
「歩く」というエクスペリエンスを人々に提供。”Walk, Don’t Run.”(歩こう。走らずに。)には、
「時代に流されず、忙しい日常からスローダウンし、自分らしい生き方を見つめ直してみよう」と
言うメッセージが込められています。

ブランドキャンペーンの歴史

1 号 マヨルカ島(スペイン) / 2 号 モロッコ / 3 号 フランス / 4 号 ギリシャ /
5 号 イタリア / 6 号 エジプト / 7 号 バルセロナ(スペイン)/ 8 号 マルセイユ(フランス)/
9 号 マヨルカ島(スペイン)/ 10 号 シチリア島(イタリア)/ 11 号 キプロス島 /
12 号コルシカ島(フランス、イタリア)

The Walking Society - 第 12 号コルシカ

THE WALKING SOCIETY<br>Issue Nº12 - Corsica


「The Walking Society」第 12 号は、地中海に浮かぶ山岳地帯の島、
フランスの南、イタリアの西に位置するコルシカ島を舞台にしました。
コルシカ島は、地中海で最も山が多い島です。
フランスとイタリアという 2 つのアイデンティティを持ち、島には数千年にわたる豊かで複雑な歴史があります。
海から突き出た山脈が地質学的に形成され、手つかずの自然が残る国立公園にある山頂では、
コルシカ島の有名なチーズのミルクを作り出すヤギがトレッキングをする様子を見ることができます。

THE WALKING SOCIETY<br>Issue Nº12 - Corsica


「The Walking Society」第 12 号では、多面的な地域の人々、風景、文化に焦点を当て、
島出身のクリエイターや探検家へのインタビューを掲載しています。
現代の日常生活やコルシカ島の伝統的な遺産を伝承するストーリーでは、
住民や野生動物の生き生きとした写真やイラストを紹介します。


DJ シャーロット//コルシカ島出身の DJ

THE WALKING SOCIETY<br>Issue Nº12 - Corsica


シャーロット・ヴァヌッチは、コルシカ出身の DJ です。
島で生まれた彼女は、現在はパリを拠点に活動していますが、
フェスティバルがあるたびに頻繁に故郷に帰ってきています。
幼少期には様々な地を旅していましたが、夏は決まってコルシカ島で過ごしていました。
自然の美しさ、自由と安全な島での楽しい思い出を多く抱えています。
幼い頃、父親からアシッドジャズについて聞かされていたことがきっかけで
音楽を好きになった彼女は初めてクラブに行ったとき、ダンスフロアの一体感や、
DJ が音楽で観客の感情を揺さぶることに衝撃を受けました。
それ以来、様々なフェスティバルを通して国を飛び回っています。
しかし彼女の心はいつもコルシカ島にあるのです。


ブゾォ・スピネリ・スタジオ//
コルシカ島と海を再び結びつけた建築家

THE WALKING SOCIETY<br>Issue Nº12 - Corsica


建築家のイザベル・ブゾォとジャン・フィリップ・スピネリは、
2014 年にブゾォ・スピネリ・スタジオを設立しました。
コルシカ島出身の夫妻は現在、プロジェクトのために島とパリを行き来しながら生活しています。
コルシカ島では、バスティアの旧城塞の大規模な改修をはじめ、
さまざまなプロジェクトに携わっています。
ディートマー・フェヒティンガー・アーキテクツとのコラボレーションにより、
要塞と海をつなぐ遊歩道「アルディロンダ」(コルシカ語で「海の上」の意)を整備しました。
要塞を囲む岩盤に固定された遊歩道は、海抜 5 メートルの岩石の海岸線をカーブしています。
岩に溶け込むこの遊歩道は、コルシカ島に自生する自然素材を用い、
コルシカ島の大地と海を大切にする 2人のプロジェクトを代表するものです。


ボッチャ//珍しい球技

THE WALKING SOCIETY<br>Issue Nº12 - Corsica


コルシカ島では、競技性も高い伝統的なゲームであるボッチャが広く普及しています。
フランスのペタンクに似たルールで、できるだけ多くのボールをジャックボールに近づけた方が勝ちです。
ほぼすべての村にコートがあり、地元の人々はスピード、推進力、
正確さを兼ね備えた戦術的な投擲を練習しています。
その頂点は、毎年テレビ中継される、ヨーロッパ中から集まった
選手と観客が対決するトーナメントで決まります。
コルシカ島では、ボッチャが今も盛んに行われています。


国立公園//野生動物の保護区

THE WALKING SOCIETY<br>Issue Nº12 - Corsica


地中海で最も山が多い島であるコルシカ島の国立公園には、
標高2000m を超える山々がそびえ立っています。
コルシカ島随一の展望台があり、島で最も過酷なハイキングロードがあるロトンド山は、
2600mを超える高さを誇り、チント山に次いで 2 番目に高い山です。
山頂への急な登りでは、陽光に輝く氷河湖が、この険しい高さの風景のアクセントとなっています。
標高の低いところでは、森林が点在し、多様な動植物が共存しています。
また、絶滅危惧種に指定されている鳥類も保護されており、上空を飛び回る姿を見ることができます。


「The Walking Society」キャンペーンムービー&オンラインマガジン下記よりご覧いただけます
デジタルマガジン:https://issuu.com/campercontent/docs/camper_tws12_eng_d4248e96967027/1?ff
ムービー:https://www.camper.com/en_ES/content/spring-summer-2022


【キャンペーンショッパー】

THE WALKING SOCIETY<br>Issue Nº12 - Corsica


4 月 21 日(木)より、お買い上げのお客様には、ブランドキャンペーンショッパーにて商品をお渡し致します。

※一部店舗は除きます
※キャンペーン限定ショッパーの為、なくなり次第終了となります。

THE WALKING SOCIETY<br>Issue Nº12 - Corsica


Edition & Creation: Alla Carta Studio
Brand Creative Director: Achilles Ion Gabriel
Brand Art Director: Gloria Rodríguez
MAGAZINE
Photography: Leonardo Scotti
Set Design: Emanuele Marcuccio
Styling: Elisa Voto
Illustrations: Joe O’Donnell
Copywriting: Davide Coppo
Production: Hotel Production
VIDEO
Director: Fele La Franca
DOP: Andrea Nocifora
Music: Dirt O’Malley
Edition: Luca Lo Nigro
Color Correction: Giorgio Bonsignore
SPECIAL THANKS TO
Yves Andreani
Jean Noël Guillaumin
Luc Plavis
Isabelle Porras